新しいMaxOSに開発環境を構築する手順

Calendar Clock iconCalendar Clock icon

setup

新しいMaxOSに開発環境を構築する手順をメモする.

# 目次

# セットアップする環境

  • エディタ: Neovim
  • 言語: C++、Javascript、VueJS、Python

# インストールに使用するツールのセットアップ

# 最新のHomebrewをインストール

公式サイトの最新のコマンドを実行する.

https://brew.sh/

# Githubに鍵の登録

ssh-keygen
cat ~/.ssh/id_rsa.pub | pbcopy

Githubのサイト上で登録

# ドットファイルをインストール

mkdir .config
pushd .config
git clone git@github.com:shunsukehondo/dotfiles.git
ln -s dotfiles/tmux/.tmux.conf ~/.tmux.conf
ln -s dotfiles/nvim nvim
ln -s dotfiles/fish fish
ln -s dotfiles/tig tig
ln -s dotfiles/.gitconfig ~/.gitconfig

# Python環境

# Pyenvをインストール

https://github.com/pyenv/pyenv#installation
git clone https://github.com/pyenv/pyenv.git ~/.pyenv
echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bash_profile
echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo -e 'if command -v pyenv 1>/dev/null 2>&1; then\n  eval "$(pyenv init -)"\nfi' >> ~/.bash_profile
. ~/.bash_profile

# Pythonの最新版をインストール

pyenv install 3.7.4

# Node環境

# NVMのインストール

公式サイトの最新コマンドを実行する.

https://github.com/nvm-sh/nvm

バージョンは異なるかもしれないが以下のようなコマンド.

curl -o- https://raw.githubusercontent.com/nvm-sh/nvm/v0.35.0/install.sh | bash

# 最新のNodeのインストール

nvm install node

# Neovim環境

pyenv local 3.7.4
pip install neovim
brew install neovim
brew tap homebrew/cask-fonts 
brew cask install font-hack-nerd-font 

terminalのフォント設定を開いて、Nerd font に変更

nvimを開いて

:PlugInstall
:CocInstall coc-tsserver coc-eslint coc-json coc-prettier coc-css coc-vetur coc-python

を実行.

viでnvimが起動するように変更(不要になったらただ削除すれば良い)

ln -s /usr/local/bin/nvim /usr/local/bin/vi 
ln -s /usr/local/bin/nvim /usr/local/bin/vim

# その他

# Google Japanese Inputのインストール

# その他Ripgrep, Tig, Tmux, Fishのインストール

brew install ripgrep tig tmux fish
curl -L https://get.oh-my.fish | fish

これで基本的な開発はできるようになる.


リモートフリーランス。ウェブサービス、スマホアプリエンジニア。
東アジアを拠点に世界を移動しながら活動してます!

お仕事のご依頼・お問い合わせはこちら

コメント