atc001 a 深さ優先探索 atcoder

ATC001 A - 深さ優先探索

ATC001 A - 深さ優先探索
Feb. 2, 2020, 1:52 p.m.

目次

問題

https://atcoder.jp/contests/atc001/tasks/dfs_a

入力

$H W$
$c_{0,0} c_{0,1} ... c_{0,W-1}$
$c_{1,0} c_{1,1} ... c_{1,W-1}$
...
$c_{H-1,0} c_{H-1,1} ... c_{H-1,W-1}$

  • $H$ - 長方形の縦
  • $W$ - 長方形の横
  • $c_{i, j}$ - '.', '#', 's', 'g' のいずれか

出力

長方形の中sから出発し、.のみを通ってgへたどり着けるかどうかを答える問題です.
上下左右の.のみに移動でき、斜めには移動できません.

解説

スタート地点sから開始し、行けるところまで移動を繰り返しgにたどり着いたらYes、辿り着く前に移動できる場所がなくなったらNoで正解です.
移動の際に上下左右に4分岐するので計算量は$O(4^N)$という感じがします.
が、実際には長方形のマス目の数は最高で$500^2$で、同じマス目を2度調べないように気をつければ$O(H W)$となります.

マス目を移動する際には長方形の外にはみ出していないか、#を通っていないか、すでに通っていないかをチェックします.

計算量

$$
O(H W)
$$

解答

 1
 2
 3
 4
 5
 6
 7
 8
 9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
#define MAX_N 501

Int H, W;
vector<bool> C(MAX_N*MAX_N, true);
Int sx, sy, gx, gy;

void dump(Int x, Int y, Int depth) {
  cout << "\033c";
  sleep_for(16ms);
  loop(h,0,H) {
    loop(w,0,W) {
      if (w == x && h == y) cout << "O";
      else cout << ".";
    }
    cout << endl;
  }
}

void input() {
  char x;
  cin >> H >> W;
  loop(h,0,H) {
    loop(w,0,W) {
      cin >> x;
      if (x == '#') C[h*W + w] = false;
      else if (x == 's') sx = w, sy = h;
      else if (x == 'g') gx = w, gy = h;
    }
  }
}

bool dfs(Int x, Int y, Int depth) {
  // dump(x, y, depth);
  if (gx == x && gy == y) return true;
  C[y*W+x] = false;
  loop(dy,-1,2) {
    loop(dx,-1,2) {
      if (dy != 0 && dx != 0) continue;
      Int x_ = x + dx, y_ = y + dy;
      if (x_ < 0 || W <= x_ || y_ < 0 || H <= y_) continue;
      if (!C[y_*W + x_]) continue;
      if (dfs(x_, y_, depth+1)) return true;
    }
  }
  return false;
}

void solve() {
  if (dfs(sx, sy, 0)) cout << "Yes" << endl;
  else cout << "No" << endl;
}

int main(void) {
  input();
  solve();
  return 0;
}